坂本真由美 公式ウェブサイト

ケルン放送管弦楽団とレコーディングをさせていただきました
2012.01.19

WDRレコーディングを行ったホール2012年1月11日から13日まで、ドイツ・ケルンに本拠を置く、西ドイツ放送局(Der Westdeutsche Rundfunk Köln (WDR))のホールで、現在ケルン放送管弦楽団の首席指揮者をされているスウェーデン人指揮者のニクラス・ウィレンさん指揮で、ケルン放送管弦楽団とピアノ協奏曲を2曲レコーディングさせていただきました。

曲目は、モーツァルトのピアノ協奏曲20番と、21番を弾かせていただきました。


WDRレコーディングを行ったホール(客席側)3日間で協奏曲2曲を録音するという忙しいスケジュールでしたが、指揮者のウィレンさんもオーケストラの方々も本当に素晴らしく、私も楽しく演奏をさせて頂きました。とても貴重な経験をさせていただき大変有り難く思っております。

このレコーディングは、いまのところスイスのレーベルからリリースされ、日本でも発売されるだろうとのことです。詳細が決まりましたら、またホームページ上でお知らせさせてください。



さて、今週は週末に3つほど、ドイツ国内でピアノソロのリサイタルがあります。ドイツは例年より比較的暖かい日が続いていますが、体調を万全にしてベストを尽くせればと思っています。




パターノスター扉の無いエレベーター余談:
レコーディングをさせていただいた西ドイツ放送局(WDR)にあるこのエレベーター、なんと驚いたことに扉がありません!しかも各階ごとに停止せず始終動き続けているので、自分でタイミングを見極めて乗り降りします。
パターノスター「パターノスター」
この止まらない扉無しエレベーターは、「パターノスター(Paternoster)」といって現在はヨーロッパを中心に存在し、ドイツは世界一のパターノスター保有国だそう。たかがエレベーターでも、扉が無い上に自分でタイミングを計って乗り降りするので、スキーのリフトの様な感覚でちょっぴりドキドキしてしました。

TOP