坂本真由美 公式ウェブサイト

トップオブザワールド国際ピアノコンクール 第二位受賞

表彰式ファイナル結果発表の瞬間6月14日から19日に、ノルウェーのトロムソで行われた、「トップ オブ ザ ワールド国際ピアノコンクール」に参加し、第2位をいただきました。

トロムソはノルウェー北部にある、北極圏の街です。人口は6万5千人ほどですが、北極圏最大の都市の一つです。成田からですと、コペンハーゲン、オスロを経由して行くことができます。白夜やオーロラといった北極圏特有の自然を体験できる観光地でもあります。地図上で北緯が一番高い場所で開かれるコンクールということ、世界で一番のピアニストを選出するコンクールであるようにという意味をかけて、トップ オブ ザ ワールド国際ピアノコンクールと命名されたのだそうです。


トロムソ初めての白夜体験コンクールが行われた6月は夏なので、白夜が体験できました。白夜というのは真夜中になっても太陽が沈まない現象のことで、南極や北極に近い地方で夏に起こることをいいます。一日中太陽が沈まないので、まるで時間が止まったかのような不思議な感覚です。
カーテンを閉めても外が明るいので、コンクールが始まって最初のうちは全然眠ることができませんでしたが、そのうちに一日中明るいという生活に慣れることができました。



マリアンジェラ・バカテッロさんと一緒に1位のマリアンジェラとこのコンクールは、応募総数361名中、24名しか出場者が選出されない難関で、選ばれてトロムソに来ることができたコンペティターは国際コンクール覇者が揃い、お馴染みの有名人が多かったので、必然的に知り合いや友人同士が多く、コンペティター達が泊まっていたホテルでは和やかに楽しく過ごしていました。

コンクールが終了し、その後の入賞者記念パーティが終わった時間がかなり遅かったにもかかわらず、その後、打ち上げと称して、めったに経験できない「真夜中3時の明るい空」の下で、コンクールに出場した友人たちとビールを片手に公園でサッカーをして楽しむこともできました。


コンクール後これでも真夜中3時!この写真は、真夜中3時のサッカー大会(?)の時の写真です。外がまだ明るいですよね。

左から、イリヤ・ヤクシェフさん、マリアンジェラ・バカテッロさん、ヤーロン・コールベルクさん、ピヨトル・マフニックさん、エベリーナ・プゼトさん、私、セルゲイ・サロフさんです。

海辺の公園で撮ったものですが、水が透き通っていて、とてもきれいでした。



コンクールのファイナルで、私はベートーヴェンのピアノ協奏曲3番を弾かせていただき、その様子はNRKノルウェー国営放送で中継されました。
予選、セミファイナル、ファイナルともに納得のいく演奏ができたと思います。

応援をしてくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。

“..Mayumi Sakamoto, som også har vunnet flere priser tidligere – blant annet Griegs Internasjonale Pianokurranse i 2004. Sakomoto spilte også Beethoven, men pianokonsert nummer tre, med en kraftfull innlevelse og teknikk som imponerte publikum.”
from Nordlys, Norway

"日本人である坂本真由美は、2004年にグリーグ国際ピアノコンクールで優勝し、その後多くの国際コンクールで勝利している。彼女は強力な洞察とテクニックを持ってベートーヴェンのピアノ協奏曲3番を演奏し、聴衆を感動させた。"
ノルドリス紙, ノルウェー